書画の勉強

掛け軸の印刷と肉筆の見分け方

更新日:

福岡紙もの屋です。

今回は、『掛け軸の印刷と肉筆の見分け方』についてです。

 

これ印刷?それとも肉筆?ということはよくあります。

ご自宅にある掛軸が印刷物なのか、肉筆なのか気になりますよね?

今回は見分け方について簡単にまとめてみました。

見分け方

紙質

目安の一つは、紙質。

表面がツルツルしたような紙の場合は、

印刷物である場合が多いです。

ドット

印刷物の場合は、細かなドット(点)が見えることがあります。

特に、書の場合はそれが顕著です。

じっ~と目を凝らしてみて、点々のようなものがあれば、

印刷物である可能性が高いです。

書の場合は『払い』や『とめ』を見るのも一つの方法です。

限定もの

箱付きで限定数百部というのは、『工芸画』、『複製画』です。

いわゆる印刷物です。

 

特に日本画の大家・横山大観や川合玉堂など有名なものに多いです。

本物は到底手が出ないものですので、

昔は工芸品を買い求める方も多かったのでしょう。

今は、中古市場でも比較的多く出回っています。

 

名前の知れた作家(ビッグネーム)の掛軸は印刷物が多いです。

印刷物の場合、現在はほとんど値がつかないというのが現状です。

 

印刷物なのか、肉筆なのかについて見分けるのは、

実際には場数を踏まないと、

なかなか見分けられないことも多いです。

 

掛軸の時代から判断することもあります。

(江戸期頃のものなのか、明治期頃のものなのかなど)

その時代特有の表装だったり、

古さを備えている場合は、肉筆の場合が多いです。

中国の掛軸などは古く見せかけている粗悪品もあります。

 

詳しく知りたい場合は、道具類を扱う骨董屋さんよりも、

掛軸を専門にしている人に見てもらうのが一番だと思います。

 

ご参考まで。

-書画の勉強

Copyright© 福岡 紙もの屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.